いくつになっても、紙を楽しむ – ぺぱぷんたす Vol.001

あなたがこどもだったころ、印象に残っている「紙」との思い出はあるでしょうか。

はじめて買ってもらった絵本?

幼稚園や保育園で習った折り紙?

学習雑誌や、その付録のカード?

 

性別や年代によってもそのかたちはさまざまでしょうが、多くの人にとってなにかしら特別な紙との出会いがあったにちがいありません。

そして、そんなこどもごころを忘れず、紙をもっともっと楽しむための雑誌を作ろうと思った人たちがいます。

ぺぱぷんたす|小学館

豪華アーティストによる、楽しい企画がもりだくさん! 紙と子どもとデザインと。新感覚ムック「ぺぱぷんたす」誕生!

発行は学習雑誌の雄・小学館。

アートディレクターは、あらゆる紙・印刷の表現力を駆使するデザイナー・祖父江慎さん。

 

紙だからこその仕掛けを盛り込んだ絵本、紙工作、特殊印刷など、この一冊に、あらゆる紙の魅力が詰め込まれています。

もちろん、紙とは切っても切れない関係の文字(フォント)にまつわる特集も外せません。文字で遊ぶと言えばこのユニット、

大日本タイポ組合さんによる「かみかくしもじ」「かみあわせもじ」「かみがっかりもじ」。もう、タイトルだけでときめくとくしゅう…!

 

学習雑誌っぽい記事としては、紙のできるまでを追った「かみは『き』からできている」がためになります。

こちらは、東日本大震災に被災しながら復興を遂げた日本製紙石巻工場が協力されています。

それ以外にも、切ったり折ったり、貼ったり書いたり。

本誌に紹介されていた折り紙細工を参考に、ねことねずみを折ってみました。

(今回は付属している特殊紙ではなく、手元にあった柄紙を使いました)

 

この本の対象年齢は「4歳から100歳まで」。

対象年齢のお子さんがまわりにいる方は、ぜひご一緒に。

もちろん大人でも、ひとりでじっくり、みんなでわいわい。いろんな楽しみ方ができる雑誌です。

 

個人的には、101歳になったら楽しめないかというと、おそらくそんなことはないと思います。

そう、わたしたちはいくつになっても、紙の子なのです。

 

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment