さあ、漕ぎ出そう。

2016-03-06-213127-1

ようこそ、はじめまして。

今日は、船出の日です。
どうして、このブログをはじめてみようと思ったのか。
それは、道中おいおい…

まずは、タイトルの説明だけ。

 

【凪(なぎ)】を辞書で引くと、「風がやんで、波がなくなり、海面が静まること。朝凪や夕凪。」(大辞泉)とあります。

そして【朝凪】はというと、「陸風から海風に交代する朝方に、一時無風状態になること」。
夕凪は、その逆ですね。

穏やかで、でも今までとは違う世界が始まる予感を秘めた時間。

 

それから、渡し場です。
これも岸から岸へ、人を新しい世界へといざなうところ。

そうやって、訪れた人をまだ知らない世界に連れていく、水先案内のような場所にできたらいいな、
そう思って名づけました。

 

では、具体的に、私の案内できる世界は? と訊かれるでしょうか。

たとえば、デザインとか、フォントとか、プレゼンの方法とか…。
あるいは、世界そのものを、新しい視点で見る楽しみ方とか。

今のところは、そんなところを考えていますが、どうなることやら。

 

よろしければご一緒に、漕ぎ出しましょう。

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment