あなたにとっての「お気に入りの本屋さん」を見つけよう

あなたにとっての「お気に入りの本屋さん」を見つけよう

本好きであれば、自分だけの「お気に入りの一冊」があるという人は多いと思います。

では、あなたにとって「お気に入りの本屋さん」はあるでしょうか?

 

ほしい本があれば、Amazonなどネットですぐに注文できる時代。

それどころか、電子書籍であれば、届くのを待ったり、引き取りにいく必要もなく、その場で読みはじめることだってできてしまう。

 

それでもわたしは、本屋さんに足を運ぶ理由はあると思っています。

 

わたしが行きたいと思える本屋さんには、とくに買いたい本が決まっていなくても、何かおもしろい本がきっとある、という棚があります。

本屋さんの棚は、ひとつとして同じものはありません。
もし、機械的に売上順で並べられていたとしても、その店の立地条件だとか、客層などが反映されることで、結果的に個性が表れます。

それだけでなく、店員さんが売りたいという思いが込められていたり、その店の強みを生かしたコーナーが作られていたりすることも。

最近では、チェーン店ではない街の本屋さんでも、個性的なイベントやフェアが行われていたり。

 

いわば、本屋という空間自体が、ひとつの物語のようなもの。

せっかく本を買うのなら、それを買う行為自体も楽しんでみるのはどうでしょう。

 

もちろん、お気に入りの本屋さんを見つける視点もひとつだけとは限りません。

お店の建物やインテリアが好き、というのでも。
子供の頃、よく本を買ってもらった思い出がある、というのでもいい。
店員さんが素敵、というのだって、いいのではないでしょうか。

あなたの住んでいる街にも、あるいはよく訪れる場所にも、きっと、お気に入りの本屋さんが見つかるはず。

 

ちなみに、お気に入りの本屋さんを、知り合いといっしょに訪れてみるのもおもしろいです(^^)

自分ならふだんスルーしてしまうような棚に目をつけたり、あるいは本の選び方に、その人の個性が表れていたり。

また新しい視点に気づけると思います。


Published by mizuho

——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment