心地よく文章を書く、心強い味方 – ATOK2016

あなたは、パソコンで文章を書くことは好きですか?

もし好きではないなら、理由はなんでしょうか。
ひょっとして、その理由のひとつが、文章の書きづらさにあるのだとしたら。

 

たとえば、漢字が思うように変換できない。

たとえば、ミスタッチで変な文字列が入力されてしまい、イライラしながら入力をやり直す。

 

文章を書く道具を変えてみることで、そんな不満が解消されるかもしれません。

 

今回は、わたしにとって、心地よく文章を書くための心強い味方、ATOK(エイトック)をご紹介。
日本語入力システム | ATOK 2016 for Mac | ジャストシステム

子供の頃にワープロを買ってもらって以来、文章を書くことが好きなわたし。
使うものがWindowsパソコンやMac、iPadなどになっても、それは変わりません。

でも、標準の入力システムにはどうしても満足できなくて、もう何年もATOKを使っています。

今年も最新バージョンが発売されたので、さっそく購入しました。

もともと特長とする、変換の正確さ、効率の良さも毎年着実にバージョンアップしています。

それに加えて今回の目玉機能は「ATOKインサイト」。
これは、今ブラウザやメールで見ている画面に応じて、推測候補を切り替えるというもの。
実際に、ATOKのホームページを見ながらこのブログを書いていますが、「ATOKイミクル」「ATOKタイプコレクト」などの機能名が自動的に表示されてきて感動的です。

今後、他の記事を書くときにも重宝しそうです。

atok_01

ちなみに「ATOKタイプコレクト」は、指がホームポジションからずれたときも自動で修正するというもの。これはわざと試すものではないので、まだ効果を実感できていません(笑)

ATOKイミクル」は、選択した単語を辞書で調べられるというもの。
単語だけでなく、単漢字情報も表示できるようで、これがちょっと面白い。

異体字、音読み・訓読み、部首読み、各種文字コードなど、いろいろな情報が表示されます。

atok_02

「単」は小学四年生で習う文字で、部首は「つ」と読むのですね!
しばらく、いろんな文字の情報を出して遊べそうです。

 

ATOK2016の単体購入はパッケージ版10,044円 (税込)、ダウンロード版7,344円 (税込)。
以前のバージョンを持っている場合、もっと安く購入できます。

また、定額制で常に最新版が使える ATOK Passport というものもあります。
毎年、そろそろ定額制にしようかと思いつつ、つい忘れて単品購入してしまいます(^^;

 

文章を書くのであれば、その道具にもこだわりたい。ということでATOKの紹介でした。

Published by mizuho

——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment