たどりつけない世界 – panpanyaの楽園コミックス

いよいよ今年も残りわずか。

無事に大掃除もひと段落して、心おきなく新年をむかえられそうです。

 

あと、やり残したことといえば、2016年、文章とものがたりをあじわう10冊で触れられなかった、今年に読んだマンガの紹介。

ほんとうは、新しい視点を味わうことのできる作品として、何冊かピックアップするつもりでした。

しかしやはり、この作品(作家)は単独で紹介したいな、と思いました。

それが、白泉社の漫画雑誌「楽園」と、そのWEB増刊に掲載されている、panpanyaさんの作品。

 

もし、あなたがこの記事を2016年中に読んでいるのなら、いますぐ以下のリンクから、WEB増刊12月18日号のpanpanya作品「今年を振り返って」を読んでもらいたいです。期間内であれば、無料で読めるので、ぜひ。

楽園 | 白泉社

「恋愛欲を刺激する」がテーマの新しいコミックアンソロジー「楽園」の紹介ページです。

読み終わったら、この記事にもどってきてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

大掃除の途中に、つい昔の本や雑誌を読みふける、という経験は誰しもあると思いますが、いつのまにか位相がずれて、もどってこれないような場所に迷い込んでしまったような感じ。

そんな、日常ではたどりつけないような場所に読者を誘うのが、panpanyaの世界。

 

何気ないふだんの生活に。

まちあるきの途中に。

ふと出会う、得体の知れない動物たち。見慣れない世界。

 

単行本には、作者の公式サイトで公開されている日記の一部も収録されています。

この方の文章もまた、わたしにとってここちよく、心にしみこんできます。

そこにはやはり、路上観察学などに通じる視点があります。

そんな作者の視点から生み出された作品だからこそ、見覚えがあるようでない、新鮮な光景を垣間見ることができるのでしょう。

 

大掃除のときならずとも、折にふれて、何度でもくり返し味わいたい作品です。

 

 

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment