もし人生がドラマだとしたら、それは単発ドラマか連続ドラマか

もし人生がドラマだとしたら、それは単発ドラマか連続ドラマか

三が日も明け、いつもの毎日がもどってきた方も多いでしょう。

 

年末年始といえば、TVでは通常の番組編成とは異なる、特別番組が多く放映される時期でもありました。

それが終われば、春や秋の改編期ほどではなくても、新しい番組がはじまったりもします。

 

ドラマ、あるいはアニメでも良いですが、おなじ「ものがたり」を描く手法として、ふたつのかたちがあります。

 

ある程度大きな、ひとつの事件を中心に描く、単発ドラマ。劇場で公開された作品がTV放映されるときも、このタイプ。

それよりも規模は小さくなりがちでも、週に一度、あるいは毎日など、一定のペースで、さまざまなエピソードをつむいでいく連続ドラマ。

 

もし、自分の人生をドラマに見立ててみるなら、どちらがより楽しめるでしょうか。

 

単発ドラマを、人生の節目になるような、大きなイベントととらえるなら、やはり、その一瞬を全力で楽しむのが、幸せのひとつのかたち。

何度もくり返し観たくなる、かけがえのない思い出になることでしょう。

 

でも、それに向かって、用意周到に準備をする日々も、連続ドラマとして描かれるに値する、大切な時間かもしれません。

 

また、どうしても単発ドラマでは、主人公をメインとするエピソードを本筋に据えざるをえないところがあります。

連続ドラマなら、ある一話をまるまる使って、番外編が描かれたり、脇役やサブキャラクターのエピソードを掘り下げたりすることも。

この場合、自分が主役の人生だと思うか、あるいは他人のドラマの中に、脇役として出演したと思うかで、また視点が変わってくるでしょう。

 

もちろん、次回予告も無い人生、その先に何が起こるかなんて、わからない。

準備していたことだけでなく、番外編だと思っていたこと、ずっと昔の、忘れかけていたエピソードも、思わぬ伏線としてつながるかもしれません。

 

そして、人生に再放送はありません。

一度だけの、リアルタイムのドラマだからこそ、やりたいことをやって、楽しみましょう。

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment