旅のはじまり – 開幕! あいちトリエンナーレ2016

旅のはじまり – 開幕! あいちトリエンナーレ2016

愛知県を舞台にしたアートの祭典・あいちトリエンナーレ。新しい祝日・山の日でもある今日・8月11日から、いよいよ開幕です。
あいちトリエンナーレ2016

今年のテーマは「虹のキャラバンサライ」。瀬戸内国際芸術祭とは違った都市型の芸術祭として、街の新たな魅力を旅人のような気持ちで発見できる、さまざまな工夫が凝らされています。

 

開催場所は名古屋市・豊橋市・岡崎市。
名古屋市はその中でも、長者町・栄のまちなかと、名古屋市美術館、愛知県美術館(芸術文化センター)という施設内の展示とに分かれています。

期間中一日のみ観覧できる普通チケットでも、これらの会場ごとに日を変えて入場できるので、無理に一日で全部まわろうとせず、小分けにして長い旅を楽しむのも良いと思います。

ということで、このブログでも、何回かに分けてトリエンナーレとその周辺の様子をお伝えしていきます。(作品のあとの記号は公式ガイドブックに準拠しています)

 

やはり、旅のはじまりは愛知芸術文化センター(芸文)から。
この暑い時期はとくに、地上を避けて地下から行くのがオススメです。

aichi_triennale_2016_geibun - 1

地下鉄東山線・名城線の栄駅、あるいは名鉄瀬戸線の栄町駅からオアシス21方面へ。そのまま直進して、地下2F連絡通路から芸文に入ると、森北伸さんの作品(N-02)がお出迎え。

aichi_triennale_2016_geibun - 2

aichi_triennale_2016_geibun - 4

前回のインパクトのあるヤノベケンジ作品とはまた違い、見る視点を変えて、いろいろな楽しみ方ができて好きです。

その奥にあるアートショップ・ナディッフ愛知もおすすめ。トリエンナーレや港千尋監督関連の本だけでなく、文字や路上観察といったテーマの本も豊富で楽しめます。

 

エレベータで10Fに上がると、ポスターやガイドブックの表紙のモチーフになった、ジェリー・グレッツィンガーの都市の地図が(N-03)。

aichi_triennale_2016_geibun - 5

床の上に乗って記念撮影を楽しめるスポットになっています。反対側には公式グッズ売り場も。このスペースまではチケットなしでも入場できるようなので、ぜひ足を運んでみてください!

 

さて、中に入っての見どころは、大巻伸嗣さんの作品(N-13)。

aichi_triennale_2016_geibun - 9

aichi_triennale_2016_geibun - 10

白い部屋をキャンバスに描かれた色彩豊かな花々。部屋を出たあとの制作過程のビデオも、思わず見入ってしまいます。

aichi_triennale_2016_geibun - 11

aichi_triennale_2016_geibun - 12

 

それから、わたしがとくに気に入ったのは、三田村光土里さんの作品(N-11)。

aichi_triennale_2016_geibun - 6

aichi_triennale_2016_geibun - 7

aichi_triennale_2016_geibun - 8

日常の記憶と記録がテーマということで、かわいい小物がたくさん詰め込まれた部屋。

 

aichi_triennale_2016_geibun - 13

こちらは松原慈さんの作品(N-16)。盲学校のこどもたちとのワークショップで作られた造形と、それを表す「ことば」が印象的です。

 

ほかにも、8Fや屋上にも展示がありますが、今回はここまで。また後日、ゆっくりまわります。

 

おまけ。今回、隠れた公式グッズでは? と思うのが、あいちトリエンナーレ2016特製しるこサンド

しるこサンドとは、愛知が世界に誇る松永製菓のビスケット菓子。
松永製菓株式会社
あずきを練り込んだ味が癖になるおいしさ。スーパーで棚に並んでいたら、ついつい手を伸ばしてしまいます。

今回は、ダニ・リマのオープニング公演(N-103)を見た人に、ポスターとの二択で配られていました。
また、名古屋市交通局とのコラボで、スタンプラリーの先着景品にもなっています。

aichi_triennale_2016_shirukosand - 1

もしかして今後、他にももらえるチャンスがあるかも…?

ところで、トリエンナーレのパッケージだと、しるこサンドスティックが入っているのではと思うのはわたしだけでしょうか?(笑)


Published by mizuho

——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment