京都タイポさんぽ

京都タイポさんぽ

よきかな商店街イベントで、ひさびさに訪れた京都。

イベントの前後にも、文字やフォントをテーマにまちあるき・ミュージアム見学をしてきたので、何回かに分けて紹介していきます。

 

スタートは東海道新幹線京都駅、見慣れたJR東海のスミ丸ゴシックから。

kyoto_typo - 1

 

kyoto_miyage - 1

さっそく駅構内のお土産屋さんで、良い文字がおでむかえ。角張った文字は、視覚デザイン研究所のラインGかと思ったら、ちょっと違うみたい。

kyoto_miyage -2

こちらは丸明オールドでしょう。元のフォントにはない筆順が再現されているのがおもしろい。

kyoto_miyage - 3 kyoto_miyage - 4

どちらも、大きい看板はオーソドックスな明朝体・ゴシック体なのに、その下の文字がかわいい。

ちなみに、「こたべ」は定番の生八つ橋・おたべの子供版。帰りにお土産に買おうと思ったのに忘れました(^^;

こたべ 夏 京都銘菓「おたべ」お菓子

こうなると、京みやげフォントを制覇したくなってきますね!

kyoto_miyage - 8

kyoto_miyage - 7

京みやげ特集でした。

 

京都駅から外に出ると、駅ビルの壁面に、ホテルグランヴィア京都のロゴが良い具合に映りこみ。

kyoto_miyage - 5

そのまま地下鉄に乗り、烏丸御池まで。

kyoto_typo - 2

kyoto_typo - 3

京都市営地下鉄の駅名標、黒地にオレンジでかっこいい。

kyoto_typo - 4

あちこちに貼られているポスター。乗客増加を目指して、「地下鉄に乗るっ」というキャンペーンが行われているようです。

 

 

kyoto_typo - 5

駅ナカの大垣書店 Kotochika 店では、コラボブックカバーも配布中。
ちなみに大垣書店のロゴはダイナコムウェアのDF隷書体ですね。

kyoto_typo - 6

NHK京都の黒猫も気になりますが、古い乗り場案内の黒テープで消された文字も気になってしまう性分。

三条通を東へ進みます。このあたりは近代建築もみどころ。

kyoto_typo - 7

中京郵便局。東海地方のみなさん、「ちゅうきょう」じゃなくて「なかぎょう」ですよ!

kyoto_typo - 8

そして、旧日本銀行京都支店。現在は京都文化博物館として使われています。
それにしても、赤レンガには青空がよく似合いますね。

kyoto_typo - 9

奥に進むと、中庭部分がテラスになっています。

kyoto_typo - 10

なんだこの子は!

kyoto_typo - 11

実にいとおしいCOFFEEの看板。これを見たら、入らないわけにはいきません。

kyoto_typo - 12

前田珈琲さん。他の店舗も、呉服店や小学校を改装した建物があるようで気になります。

kyoto_typo - 13
京都文化博物館には、紙もの文具・雑貨を取り扱う楽紙舘さんも入居しています。

kyoto_typo - 14

三条通から一つ上がり、姉小路通り。ぼちぼちいきましょう。

kyoto_typo - 15

寺町通まで来ました。ここにもDF隷書体が使われています。

 kyoto_typo - 17

kyoto_typo - 16

寺町商店街の看板も、ひとつひとつ見飽きることがありません。

「ヤマモト」のロゴとしての完成度の高さといったら!

時間を忘れて楽しめそうな、京都のまちあるきでした。

このあと、祇園まで行って漢字ミュージアムを訪れたのですが、それは次の記事で。


Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment