Google Fonts がマテリアルデザインを採用してリニューアル

以前に紹介したWebフォントサービスのGoogle Fonts。

それがリニューアルしたということを知ったので、さっそく試してみました。

こちらが以前の Google Fonts

Google Fonts - Choose

そして、こちらが新しい Google Fonts

googlefonts_01

各フォントのサンプルが大きく表示され、右のパネルで検索・フィルタリングすることができます。

使いたいフォントの横の「+」をクリックすると、画面の下にツールバーが出てきます。

googlefonts_03

これをクリックすると、すぐに埋め込み用のコードが表示されます。前よりも流れがスムーズで、使いやすくなっていますね。

 

サンプルのテキストは好きな文字列に編集することができます。

ちなみに今のところ、やっぱり日本語対応フォントは提供されておらず、日本語を入れると文字化けしてしまいます。

googlefonts_04

Google Fonts : Early Access のページはまだリニューアルされていませんが、変わらず Noto Sans Japanese を利用することになります。

 

 Google Design ブログによると、マテリアルデザインというGoogleの新しいデザイン手法に従って作られたそうです。
Reimagining Google Fonts

より楽しくフォントを選ぶことができるようになった Google Fonts の紹介でした。

Published by mizuho

文字遣い/探索士
——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

1 Comment

Post a Comment