ひとりで働く – 内向型人間が活躍できる場所

内向型・外向型人間の話のつづき。

人間には内向型・外向型の二種類があること、それぞれに違う強みがあることをお話ししました。

 

では、実際に、どのようなときに内向型人間は力を発揮できるのか?

 

それは、「ひとりで働く」場所を作るということ。

 

学校でも、社会に出てからでも、大勢での共同作業とか、チームワークの大切さを説かれることは良くあります。

もちろん、ひとりでは達成できないことが多くあるのも事実。
でも、内向型人間にとって、共同作業そのものが力を消耗する仕事なのです。

 

たとえば、大勢の中で自分の意見が言えない。

それは、自分の意見が無いこととは違います。

 

頭の中で考えをまとめるのに時間がかかったり。

どういう言い方をすれば相手が納得するのか? と考えすぎてしまったり。

 

理由は人それぞれかもしれませんが、意見を言えない理由は多くあります。

 

口で言えないのであれば、文章にしてみれば良い。
あるいは、図に書いたり、プレゼンテーションにまとめたり。
そうやって、自分の意見をじっくりまとめるための、ひとりで働く時間をとるというのは、とても大切です。

 

でも、どうしても、ひとりで働けない場合は?

 

そういうときこそ、インターネットの出番。

「内向型人間のすごい力」でも、ソーシャルメディアの普及で内向型人間もアピールできる時代になったと書かれています。

このようにブログを書いてみたり、SNSで発信してみたり。

 

そんな「ひとりで働く」時間が生み出した成果が、そのうちに共感できる仲間を呼んだり、新しいコミュニケーションのきっかけになったりするから面白い。

 


この方は明らかに内向型だな、と思う作家(研究者)。

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment