内向型にとって、世界は刺激に満ちている

ある人間が内向型か、外向型か。

 

それは生まれたときから、一生変わらないものなのでしょうか?

 

もちろん、こどもの頃の体験や、生活習慣によって、ある程度性格は変わるでしょうが、それでも、中心にある「気質」とされるものは、ずっと変わらない、というのが有力な説のようです。

では、内向型と外向型を分けるものはなにか。

 

それは、刺激に対する反応の高さ。

 

内向型人間は、刺激に対して高反応だからこそ、未知のものに対して慎重になったり、他人からの刺激を受け止めるのに時間がかかったりする。

外向型人間は、刺激に対して低反応なので、むしろ物怖じせずに外に出て行ったり、人と関わったりする。

 

内向型のこどもにとって、この世界はあまりにも刺激に満ちている、のかもしれません。

 

もちろん、この性質も良い方向に生かすことができます。

内向型人間は、細かい違いに敏感になることで、じっくりとものごとを調べたり分析するのに強みを発揮します。

外向型人間は反対に、直感的にすばやく行動することができるという利点があります。

 

 

正直に言うと、わたしも、すばやく行動できる人に憧れを抱いています。
でも、すばやい行動に向いている人もいれば、あまり向いていない人もいるのもたしか。

その違いを理解しつつ、必要以上に慎重になりすぎないように、行動が必要なときは行動する、という心がけが大切では、と思っています。

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment