他人だから応援できる、自分だからがんばれる – 球場ラヴァーズ

他人だから応援できる、自分だからがんばれる – 球場ラヴァーズ

ひさびさの広島偏愛シリーズ、今回は広島東洋カープを題材にした漫画「球場ラヴァーズ」をご紹介します。

野球漫画といえば、選手あるいは野球チームが主役というのが通例n。

でも、この作品の主役は、選手を応援するために球場に集まった観客。そのため「広島東洋カープ応援席マンガ」ともよばれています。まずは、その視点がおもしろい。

人のことだから応援するのよ(基町勝子)

 

野球とも、広島とも縁のなかった少女が、思わぬきっかけで球場に足を運び、熱烈なカープファンと出会うことで、それまでの生活が一変します。

まだ「カープ女子」ということばが世間を賑わす前、2010年から、主人公が交代しつつ、2015年のシーズンまでがリアルタイムに描かれます。

現実の通り、その間カープの優勝はなし。

選手だけでなく、応援席の彼女たちも、楽しいことばかりではなく、辛い現実も描かれます。

 

勝って負けて、おちこんで。

活躍できることもあれば、芽が出ないままのことも。

納得しがたい理不尽なことがあったり、奇跡とも思えるようなことが起こったり。

 

それはまるで、人生の縮図。

どんなプロ野球チームもそうだと思いますが、とくにカープというチームに焦点をあてることで、そのドラマティックな起伏が印象づけられます。

原爆の惨禍から、広島に球団をつくろうという運動がはじまり、初優勝まで25年。

そして迎えた黄金時代から、長く優勝から遠ざかった期間を経て、2016年、25年ぶりの優勝マジック点灯。

たしかにあるんだよな、振り返ればあの日だった!—って試合が。

たしかにあの日だった。あの日が今日につながった(松田美央)

あの日、あの場所に行かなければ、出逢わなかった人があった。

できなかった体験があった。

あの日、前に進むことを選んだからこそ、いまの自分があり、そして未来につながっている。

 

カープを応援し、自分自身もがんばろうとする主人公たちの姿には、野球に興味がなくても、カープファンでなくても、きっと胸を打たれることでしょう。

そして、思わず球場に行きたくなってしまうこと請け合い。

 

旧広島市民球場は、もう訪れることはできないけれど。

マツダスタジアム、いつの日にか行ってみたいです。

 

Published by mizuho

——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment