日常の「おはよう」と非日常の「おやすみ」

日常の「おはよう」と非日常の「おやすみ」

毎日、わたしたちはさまざまな人とあいさつを交わして暮らしています。

おはよう。

こんにちは。

こんばんは。

おやすみなさい。

「おはようからおやすみまで」というキャッチコピーもありますが、よく考えると、このふたつのあいさつは、活躍の場面がいくらか異なります。

 

「おはよう」は、朝、目を覚まして顔を合わせる家族に対して。

だけではなく、通勤・通学途中ですれ違う、ご近所の人々にも。

そして会社に着いて同僚や上司に、学校だったら友達・先生に。

 

最近では、SNSで起きた瞬間に「おはようございます」とつぶやく人も増えていますね。

わたしの場合「おはよう」と言おうにも、そんなに朝起きるの早くないし…という謎のためらいがあって、なかなか自分からは言い出せないのですが、それでも「おはよう」が並ぶタイムラインはここちよいものがあります。

と、そう言っておいてなんですが、別に「おはよう」は朝言うものとは限りません。

何時になっても「おはようございます」があいさつになっている業界もあったり。

ずいぶんと幅広く使われている、そんなあいさつなのです。

 

それに対して「おやすみ」は。

帰宅前に同僚や友達に向かって言うことは、あまりないでしょう。

「またね」「さようなら」「お疲れさま」…その場や相手との関係性に応じて、かわりにさまざまなあいさつが使われます。

それはまるで、出会いのかたちはみな似通っているのに、別れのかたちは人それぞれ…なんて、そんな深い理由が隠されているようでもあります。

 

人生の中で「おはよう」と「おやすみ」を言った・言われた回数を数えてみたら、きっと前者の方が圧倒的に多いはず。

 

でも、だからといって。あるいは、だからこそ。

数少ない「おやすみ」を言われてうれしかったこと、そうやって記憶に残る割合は、けっして少なくありません。

 

たとえば、こどものころの、両親との「おやすみ」。

あるいは喧嘩して、ちゃんと「おやすみ」を言えなかった夜だってあるかもしれません。

 

修学旅行や部活の合宿で、みんなで寝泊まりした夜の「おやすみ」。

 

大人になっても、ちょっと思い出に残っている「おやすみ」があります。

それは、わたしが会社に入ってまだ日が浅いころ。

出張で、遅くまで仕事をした後、同じホテルにチェックインし、みんなでエレベーターに乗り込みます。

それぞれ部屋は別々の階で、下の階の部屋だった同僚が先にエレベーターを降ります。

そのエレベーターのドアが閉まる瞬間に言われた「おやすみなさい」。

 

ふだんとは違うシチュエーションだからこそ聞ける特別な「おやすみ」に、すこしだけ相手との距離が縮まったような感覚をおぼえます。

だから、「おはよう」より数が少なくても、バランスがとれていないわけではないのです。

 

数限りない日常の「おはよう」から、記憶に残る非日常の「おやすみ」までを送りあって、わたしたちは生きていくのです。

 

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment