小さく産んで、小さく育てる – 小さな習慣

歯を磨く、お風呂に入る、髪型を整える…。

誰しも、毎日欠かすことなく、もはや無意識のうちに行っている習慣があるでしょう。

それと同じように、たとえば寝る前に2ページだけ勉強のために本を読むとか、30秒だけ運動をするとか、ちょっとした習慣を加えることで、人生に良い変化をもたらすことができます。

そんな「ばかばかしいくらい小さな習慣」の効用を説くのが、こちらの本。

世の中には、同じように人生の中で自分のやりたいことや目標を実現するために、目標を小さく分割する〈スモールステップ〉の手法をすすめる本がたくさんあります。

けれど、この本の主張には、ほかに類をみない特徴があります。

それが、小さな習慣で大切にするべきことは、つねに小さな目標のままであって、目標を達成したとしても、新たな期待値を設定してはいけないのだという点です。

 

もちろん、はじめから大きなゴールを設定し、どんどん大きな目標に向かっていくことで、ワクワク感を高められる人もいるでしょう。

わたし自身、そうした人を何人も見てきたし、そんな生き方、考え方に憧れをもっていました。

そんな人にとってみれば、小さな目標を達成したら、次は少し大きな目標にする、というのは、いかにも自然な成長のアプローチに思えます。

 

けれど、大きな目標を持つよりは、徹底的に小さな習慣に集中するほうが向いている人もいます。

だってその目標は途方もなく遠くて、本当にたどりつけるのか、不安ばかりが勝ってしまう。

そして、いざ大きな目標を立てて失敗したとしたら、やっぱり自分には無理なのだと感じて、いつまでたっても自己肯定感を育てることができません。

 

でも、この本によれば、そうではないのです。

 

小さな目標はずっと小さなままでいい、「大きな目標は拒んでください」とまで書かれています。

小さな習慣が本当に習慣となって、何日も何ヶ月も達成し続けられていれば、それだけで誇るべき成果なのです。

そう言われると、なんだかすっと肩の力が抜けるような気がしました。

 

習慣化は得意だけれど、思うように成果が上がらない…。

そう感じていた自分も、目標は大きくし続けなければいけないと思い込んで、勝手に焦りを感じていたのかもしれません。

「小さな習慣」の力を信じて、コツコツと前に進んでいきましょう。

 

Published by mizuho

文字遣い/探索士 ——策を練るのが策士なら、探索するのが探索士だ。

No Comments

Post a Comment