本と珈琲の、幸せな邂逅 – 梟書茶房

本が好きです。本屋さんという空間が好きです。

たくさんの本が居並ぶ大型書店も心躍るし、思いがけない本と出会わせてくれる小さな本屋さんも素敵。

そして、またひとつ、本との新しい出会いかたを提案する場ができました。

それは、池袋の梟書茶房(フクロウショサボウ)

梟書茶房 [FUKUROSHOSABO]

選りすぐりの本と珈琲で「新しい出合い」を提供する「梟書茶房(フクロウショサボウ)」

場所はJR・東京メトロ池袋駅から直結の、エソラ池袋。

フクロウといえば丸善…? と一瞬思いましたが、おそらく関係なく、池袋だから、でしょうね。

ちなみにジュンク堂池袋本店も近くにありますが、文具専門の丸善池袋店も2017/8/10(木) にオープンするそうです。このときは開店直前で残念!

EsolaとEchikaで案内板のデザインを揃えているのが素敵です。

梟書茶房はエスカレーターかエレベーターで4Fへ。こちらも「書房」と「茶房」を合体させたようなロゴに心そそられます。

 

中に入ると、壁一面に中身の見えないブックカバーで包まれた本の数々。

神楽坂のかもめブックスさんがセレクトしたシークレットブックだそうで、表紙の紹介文を手がかりに、新しい本との出会いがみちびかれます。

何百冊という本の一冊一冊に、実に丁寧な紹介文が書かれていて、よく読めば、有名どころの本であれば「あ、あの本だな」とわかるものもあるので、選び手の言葉に信頼がもてます。

本のタイトルがわからないまま買うのにも不安をおぼえたのですが、この文章であれば裏切られることはないだろうと、こちらの本を購入。フクロウが隠れているカバーが気になったというのもあります(笑)

書名は明かせませんが、あとでカバーを開けてみると、気になりつつも未読の本だったので、ひとしきり感激してしまいました。

さて、こちらで本を購入すると、奥のカフェで梟ブレンド100円引きに使えるしおりがもらえます。

この「茶房」もまた、本と一体化した空間づくりがされています。

 

窓際、本棚に挟まれながら本に没頭できる空間。

開放的なテラスで、本とともに語り合える空間。

学校の図書館を思わせる、本と向き合える空間。

 

今回は図書館のブースを選んでみました。

このテーブルの下にも本が隠れていて、自由に読むことができます。

レシートのかわりに鍵が渡されるという粋な趣向も。

もちろん、コーヒーも食事もおいしく、至福のひとときを過ごせました。

本をモチーフにしたメニューもあるそうで、また次の機会は別のブースでも楽しみたいですね。

 

 

ひとりでも、誰かといっしょでも。

新しい何かとの出会いに、ぜひ足をお運んでみてください。

 

日本のものづくりをつたえる、銀座ソニービルとアド・ミュージアム東京

日本の発展は、ものづくりによって支えられてきたといいます。

けれど、ものをつくっただけでは、それを多くの人に届けることはできません。

魅力的なものをつくること。

その魅力をつたえること。

そのどちらもが、モノとヒトのあいだのつながりには欠かせません。

 

そんなつながりを感じられるのが、東京・銀座ソニービルで2017年3月まで行われている「It’s a Sony展」。

今回は、その周辺も交えて紹介します。

 

まずは、JR・東京メトロ・都営地下鉄新橋駅近く、カレッタ汐留にあるアド・ミュージアム東京へ向かいます。

ginza-1

ginza-2

ginza-3

ここは、日本で唯一という広告ミュージアム。

江戸時代の錦絵にまでさかのぼり、さまざまなメディアでつたえられてきた「広告」にふれることができます。

ginza-4

館内は撮影禁止でしたが、昭和を感じる新聞・雑誌広告のデザインは見飽きることがありません。

TVやラジオのCMは実際に視聴できるブースが設けられています。

ことし30周年を迎えるJR東海、記念TOICAが発行されることで話題になった「クリスマス・エクスプレス」も。

 

ginza-5

特別展として「D&AD Awards 2016」も1月14日(土)まで開催中です(こちらは撮影可能)。

いままでの広告の枠を超えた現代のマーケティング、デザインが楽しめます。

ginza-8

ginza-7

神戸で開催されていたマスキングテープ「mt博」のミニ展示も!

 

また、近くにはパナソニック(旧・松下電工)の汐留ミュージアムもあります。

汐留ミュージアム | Panasonic

パナソニック 汐留ミュージアム(東京・汐留)では常設のジョルジュ・ルオー作品展をはじめ、様々なアートイベントをご用意しています。

今回はちょうど展示替えで休館中でしたが、いずれ行ってみたいところです。

 

さて、そのまま銀座方面まで歩いてみます。

行く手に、特徴的な建物が見えてきました。

ginza-9

これこそが、戦後日本を代表する建築家・黒川紀章が設計した、中銀カプセルタワービル。

メタボリズムという考え方にもとづき、一室ごとが取り替え可能なカプセルとしてつくられました。

実際には、1972年に竣工してから一度も取り替えられることはなく、老朽化のため立て替えの危機に迫られています。

ginza-10

もはや伝説と言える「カフセルタワーヒル」を生で見られて感激(笑)。

カプセル自体は通常の住宅として使われているため、無許可で見学・立ち入りはできませんが、一角にあるコンビニなら誰でも入れます。

ginza-11

そのコンビニはなんと、広島偏愛シリーズでおなじみ、ポプラ

ふしぎなつながりを感じつつ、銀座までやってきました。

 

ginza-24

こちらが今回のメイン、銀座ソニービル。

4月からの建て替えを前に、ソニー創業70年、ビル開館50年をふりかえる「It’s a Sony展」、その第一期が開催中です。

ginza-23

 

1階には、雑誌POPEYEとコラボし、さまざまな人ゆかりのソニー製品が展示されています。

ginza-12
みうらじゅんさんの著作にもよく出てくるカセットテープ。

そして2階からは年代別の展示がはじまるのですが、製品だけでなく、建物自体もみどころのひとつに据えられています。

ginza-16
建築家・芦原義信さんの設計した「花びら構造」。

フロアの高さを90cmずつずらすことで、ビル全体をひとつの空間として連続させています。
ショールームとして、ものをひとにつたえるために計算された建物。
それは、福島のさざえ堂にも似た回廊空間。

ものと広告、そして人の記憶、さまざまな視点で楽しめます。

ginza-17

ginza-19

丸ゴシックっぽいSoni-Tape のロゴ。時代を感じる影の処理も含めてかわいい。

ginza-18

歴代ウォークマンの広告。

アドミュージアムでも見た猿のCMが、こちらでは、デジタルサイネージとしてよみがえります。

ginza-21

ginza-22

5階から上は、2018年にオープンする「銀座ソニーパーク」の模型など、これからのソニーを感じる空間がひろがっています。

下北沢にある「本屋 B&B」がプロデュースする、EDIT TOKYOという新しい本屋さんのかたちも、いまなら見られます。

本屋 B&B

下北沢の本屋です。

 

いままでの人々がつたえてきたものを受け継ぎつつ、新しいもののかたちを考える、そんな一日でした。