旅情のパイロン

旅先では、あらゆるものが新鮮に映ります。

日本全国、どの路上にもあるパイロン(カラーコーン)も、あらためて目をとめてみれば、旅情を誘うものです。

今回は、そんな路上=旅情のパイロンズを紹介します。

まずは偏愛する広島から。

広島では、毎年ゴールデンウィークにフラワーフェスティバルが開催されますが、このような交通規制が敷かれる大きなイベントでは、必ずといっていいほど活躍するのがパイロンたちです。

イベントの直前にまちを訪れると、パイロンが静かに出番を待っている光景に出会えます。ひときわ大きなパイロンに出会えるチャンスも。

 

広島からもう一枚、こちらは広島電鉄の車庫がある江波で、路面電車とのツーショット。

バラエティ豊かな車両が楽しめる広島電鉄の路面電車ですが、基本となるグリーンの帯が、同じくグリーンのパイロンとよく調和していて、お気に入りの一枚です。

広島乗り物めぐり – ヌマジ交通ミュージアム

 

瀬戸内海を渡って、お向かいの四国は愛媛県松山市。こちらではオープン直後の道後温泉別館で、ご当地キャラの「みきゃん」をあしらったオレンジのパイロンに出会えました。

このときの様子は 四国横断まちあるき – ご当地キャラとパイロンの旅 にまとめていますので今回は割愛し、北に向かいましょう。

鳥取県、境港市にやってきました。この街出身の漫画家・水木しげるさんにちなんで、境港駅前は妖怪のブロンズ像が800mにわたって続く「水木しげるロード」として整備されています。

ねずみ男パイロンに、ぬりかべパイロン。道行く人々はとなりのブロンズ像に夢中でシャッターを切るばかりで、まるでパイロンは目に入っていないかのよう。

観光案内所で販売されているガイドブックにも掲載されていない、まさに妖怪のように見えない存在です。

鳥取といえば砂丘でも有名ですが、地質のせいか、砂丘以外の海岸でも砂に埋まりかけたパイロンに出会えました。

まだ訪れたことはないのですが、鳥取砂丘パイロンの情報もお待ちしています。

おとなり島根県出雲市は出雲神話で知られます。

高天原から現れたタケミカヅチが国譲りを迫ったという伝承のある稲佐の浜では、二千年の時を超えて、パイロンが地の平和を祈っています。

よく見られるコーンバーではなく、しめ縄のように足元で四方のパイロンを縛る光景は、神々しさを感じずにはいられません。

 

最後は京都です。景観に配慮した街ならではの竹かごパイロンは、もはや京名物のひとつに数えてもよいでしょう。

「迷惑駐車お断り」の案内もはんなりと、まさにぶぶ漬け文化の極みです。

まだ見ぬ各地のパイロンを探しに、また旅に出たくなります。

 

広島乗り物めぐり – ヌマジ交通ミュージアム

今回も広島偏愛シリーズの記事です。

以前、広島市街に泊まるときは、新白島駅の乗り換えを活用しようにという記事を書いたのですが、先日の旅行の折も、自分でそれに従って(笑)本通からアストラムラインを利用しました。

そうして、新白島駅で乗り換えようとしたところ、ふと「広島乗り物めぐり」という車内広告が目にとまりました。

気になってよく見てみると、ちょうど会期中ではないですか。

開催場所のヌマジ交通ミュージアムというのは初めて聞きましたが、どうやらアストラムラインでそのまま向かえるようです。

わたしの知らない広島がすぐそこにあるなら、行ってみないわけにはいかない…!

 

 

ということで、急遽予定を変更し、向かうは新白島駅から先へ行くこと13駅、長楽寺駅です。

駅構内には「アストラムラインに沿って歩いてね(^_^)/」というわかりやすい案内が。

 

アストラムラインを運行する広島高速交通株式会社の本社のとなりにミュージアムがあります。

 

この妙に陽気な顔の子はヌマジロウといって、沼田自動車学校のキャラクター だそうです。

アストラムラインなのに自動車学校…!?

どうやら、「ヌマジ交通ミュージアム」という名前もネーミングライツによって2015年から使用されているものだそう。

名鉄自動車学校のようにグループ会社ではないようです。

Numaji Transportation Museum/ヌマジ交通ミュージアム

No Description

 

パイロン埋まってます。

 

入館料は大人510円。アストラムライン長命寺駅で利用証明書をもらうと100円引きになります。

 

広島乗り物めぐりは、アストラムライン、スカイレール、路面電車(広島電鉄)という広島にゆかりのある三つの交通機関をテーマにした企画展です。

それぞれのイメージカラーをアクセントにしたロゴがかわいいです。

 

スカイレールというのも初耳でしたが、広島市安佐区、JR瀬野駅から住宅街を結ぶ路線とのこと。

標高差があるのでロープウェイのようなワイヤーロープを使いつつ、駅構内はリニアモーター制御という珍しい駆動方式。

 

各車両に使われる部品がいろいろ展示されています。

いわゆる「次とまりますボタン」。わざわざ展示するとは…。

アストラムラインの座席、「すわることができます!!」と強調されています。いや、ここに来るまで存分に座ってきたのですが(^^;

 

企画展以外でも、ヌマジ交通ミュージアムは電車、船、自動車をはじめ、さまざまな乗り物の模型や資料が展示されています。

科学館のような趣で、子供連れで来ても楽しそうです。

京都市電など、全国各地の廃線となった路面電車から車輌を譲り受けてきた広島電鉄。模型もまた、この広島の地に集います。

 

3Fはパノラマ模型エリアになっていて、いろんな乗り物をスイッチ操作で動かして遊ぶことができます。

フェリーの積み荷おろしも!

 

屋外にはゴーカートがあったり、原爆の被害に遭った被爆電車(650形路面電車)が展示されていたり。

市街地からずいぶん離れたところでも、またひとつ、広島の素敵を見つけることができました。

 

 

広島市街に泊まるときは、新白島駅の乗り換えを活用しよう

さて、せっかく広島のことを書いたので、何度も旅行して気づいた経験を少しずつ紹介していこうと思います。

 

まず今回は、広島に泊まりがけで旅行・出張するときのコツです。

 

泊まる場所は広島駅周辺もありますが、繁華街は駅から少し離れたところにあります。

やはり、泊まる場所も、そこに近いのが便利ですね。

そうなってくると、問題になるのが交通手段です。

 

JR広島駅からは、広島電鉄の市内電車(路面電車)やバスでの移動になります。

日本の都市ではいまや少数派となった路面電車ですが、広島は地形上、地下鉄を通すのがむずかしく、現役で大活躍中です。

乗り慣れていないとちょっと大変ですね。

 

路面電車の雰囲気も好きなのですが、重い荷物やお土産をもって乗るのは、意外に苦労します。

道路の中央にある電停までの移動や、乗り降りするときの段差、混雑した車内など、地元の人に迷惑をかけていないだろうか…と心配になったりします。
考えすぎかもですけど。

 

そこで提案するのが、新白島駅を使った乗り換え。

 

新白島駅は、2015年に開業したばかりの新しい駅です。

JR西日本の駅と、アストラムラインの駅がすぐ近くにあります。

広島駅からは、山陽本線で西へ、たった一駅。新幹線で広島に来た場合など、きっぷに「広島市内」と書かれていれば、同一運賃で行くことができます。

 

そして、アストラムラインに乗り換えて、終点の本通駅まで。

注意点として、2017年現在、アストラムラインと広島電鉄はICOCA以外の全国共通交通系電子マネーは使えません。

 

アストラムラインは地下鉄に近い雰囲気で、乗りやすいです。
駅や通路のデザインも素敵で、見ごたえあり。


本通駅は地下街シャレオに直結していて、いくつかエスカレーターやエレベーターもあるので、荷物が多くても大丈夫。

路面電車での最寄り電停が「本通」「袋町」「中電前」あたりのホテルなら、感覚的には徒歩でじゅうぶん行ける距離です。

 

帰りは、その逆の道のり。

ちなみに、アストラムラインからJRに乗り換えるときは、広島駅と反対の宮島方面のホームが別々に分かれているので、間違わないように要注意。

というか、実際に間違えました(笑)

大きく注意書きがされているので、途中で気づきましたが。

広島に旅行を予定されている方は、参考にしてみてください。

 


ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!

ホテル・旅館のご予約は [Yahoo!トラベル]